○東根市さくらんぼタントクルセンターの設置及び管理に関する条例
平成16年12月16日条例第17号
東根市さくらんぼタントクルセンターの設置及び管理に関する条例
(目的)
第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、東根市さくらんぼタントクルセンター(以下「タントクルセンター」という。)の設置及び管理について必要な事項を定め、もって市民の健康と福祉の向上に寄与し、生きがいづくりを支援することを目的とする。
(名称及び位置等)
第2条 タントクルセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。
(1) 名称 東根市さくらんぼタントクルセンター
(2) 位置 東根市中央一丁目5番1号
2 タントクルセンターは、総合保健福祉センター(以下「センター」という。)、東根市立ひがしね保育所及び東根市休日診療所により構成する。
3 センターの施設は、別表第1のとおりとする。
(施設の使用)
第3条 センターの施設及び付帯設備(以下「施設等」という。)を使用する者は、市長の許可を受けなければならない。この場合において、市長は管理運営上必要があると認めるときは、条件を付すことができるものとする。
(使用の制限)
第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しないものとする。
(1) センターの設置目的に反するおそれがあると認めるとき又は公の秩序を乱し、若しくは善良な風俗を害するおそれがあるとき。
(2) 施設等を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。
(3) その他施設等の管理に支障を及ぼすおそれがあると認めるとき。
(使用料)
第5条 施設等を使用する者は、別表第2に掲げる使用料を前納しなければならない。
(使用料の減免)
第6条 市長は、特別な事由があると認めるときは、前条に規定する使用料を減額し、又は免除することができる。
(使用料の還付)
第7条 第5条の規定により納付された使用料は、別に定める場合を除き還付しないものとする。
(目的外使用等の禁止)
第8条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外に施設等を使用し、又は使用する権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。
(使用許可の取消し等)
第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、又は使用を停止し、若しくは使用を制限することができるものとする。この場合において、使用者に生じた損害について市はその責を負わないものとする。
(1) 使用者がこの条例、この条例に基づく規則若しくは使用の許可条件に違反して施設等を使用したとき又は市長の指示に従わないとき。
(2) 使用者が偽りその他不正の手段により使用の許可を受けたとき。
(3) 災害その他不可抗力の事故等により使用させることができなくなったとき又は使用させることが不適当と認められるとき。
(4) 前各号に掲げるもののほか市長が公用、保安、管理上の都合等により特に必要と認めるとき。
(原状回復の義務)
第10条 使用者は、その使用が終わったとき又は使用の許可を取り消されたとき若しくは使用を停止されたときは、使用した施設等を直ちに原状に回復しなければならない。
(特別の設備)
第11条 使用者は、既存の設備を変更し、又は特別の設備をしようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。
2 市長は、管理上必要と認めるときは、使用者の負担において必要な設備をさせることができる。
3 使用者は、前2項に規定する設備をしたときは、使用の許可の期間満了までにこれを撤去し、原状に回復しなければならない。
(損害賠償)
第12条 センターの使用者及び入場者は、故意又は過失により施設等及び資料等を汚損し、若しくは損傷し、又は亡失した場合は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。
(委任)
第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。
附 則
(施行期日)
1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。
(東根市母子健康センター設置及び管理に関する条例の廃止)
2 東根市母子健康センター設置及び管理に関する条例(昭和52年条例第27号)は、廃止する。
(東根市福祉事務所設置条例の一部改正)
3 東根市福祉事務所設置条例(昭和33年条例第16号)の一部を次のように改正する。
第1条第2項中「東根市役所」を「東根市さくらんぼタントクルセンター」に改める。
(東根市立保育所設置条例の一部改正)
4 東根市立保育所設置条例(昭和47年条例第32号)の一部を次のように改正する。
第2条の表中「東根市立東根保育所」を「東根市立ひがしね保育所」に、「大林二丁目3番15―6号」を「中央一丁目5番1号」に、「75人」を「150人」に改める。
(東根市休日診療所設置及び管理に関する条例の一部改正)
5 東根市休日診療所設置及び管理に関する条例(昭和52年条例第26号)の一部を次のように改正する。
第2条第2号中「中央二丁目17番19号」を「中央一丁目5番1号」に改める。
別表第1(第2条関係)
1 施設一覧(使用料有)

保健福祉センター

ふれあいプラザ、ミーティングルーム(7室)、視聴覚室

調理実習室、栄養指導室、教養娯楽室(2室)

舞台、客席(可動式)、控室(2室)


2 施設一覧(使用料無)

保健福祉センター

保健センター、健康チェックコーナー、喫茶コーナー、ラウンジ

子育て支援センター

研修室、相談室、遊戯室

けやきホール

大けやき型遊具、こどもシアター


別表第2(第5条関係)
施設等の使用料

施設名等

基本使用料(1時間当たり)

冷暖房使用料(1時間当たり)

昼間

夜間

全日

8:30〜17:00

17:00〜22:00

8:30〜22:00

ふれあいプラザ

200

240

120

ミーティングルーム

290

340

100

(1室当たり)

視聴覚室

470

560

150

調理実習室

510

610

150

栄養指導室

360

430

150

教養娯楽室(1)

250

300

150

教養娯楽室(2)

310

370

150

舞台

810

970

530

客席

1,890

2,270

1,240

控室(1室当たり)

100

120

100

付帯設備等

昼間、夜間ごとに1付帯設備等につき、5,000円以内で別に定める額


1 入場料若しくはこれらに類するもの(以下「入場料」という。)を徴収する場合又は営利宣伝等の目的を持って使用する場合は、基本使用料に次の割合で加算した額を使用料とする。
(1) 入場料が1人当たり500円以下の場合 0%
(2) 入場料が1人当たり501円以上1,000円以下の場合 20%
(3) 入場料が1人当たり1,001円以上3,000円以下の場合 35%
(4) 入場料が1人当たり3,001円以上の場合 50%
(5) 営利を目的とする場合 100%
2 使用する時間が1時間に満たない場合は、1時間に切り上げて計算する。